管理職看護師の求人探しナビ

管理職看護師の求人探しナビ

管理職の看護師求人探し

看護師で転職を希望する人の中には、キャリアアップのために転職を希望する人もいます。特に総合病院や大学病院となると、ほかの看護師を管理するための管理職をいくつか設けていることが多いです。看護主任から看護師長、看護部長といった感じで徐々に出世をしていく感じです。出生をしていって、肩書がアップしていくと、掌握できる範囲が強くなっていきます。看護部長は看護師全体の責任者になり、看護師長は各病棟ごとに任命されるというのが一般的です。

 

このような管理職の看護師になるためには、それなりのキャリアがどうしても必要になります。ほかの看護師に指示をしたり管理をしたりする必要があるからです。一般的に管理職の中では下である看護主任になるにしても、看護師経験が10年くらいは必要といわれています。

 

もし管理職を目指すのであれば、まずは十分なキャリアを積むことが重要です。そして十分なキャリアを積むことができたと思ったところで、管理職への転職を検討すべきです。

 

管理職の看護師に求められる素質

管理職の看護師になるためには、それ相応のキャリアが必要になります。そして一通りの看護スキルが身についていて、他の人と比較しても秀でたものを持っていることが条件となります。しかしそれだけでなく、周囲の同僚などから信用されるような能力を持ち合わせないといけません。

 

管理職という言葉が物語っているように、看護師の管理を担当する職業です。総合病院ともなってくると、大勢の看護師の管理をする必要があります。全ての看護師の能力などを把握するためには、常日頃からコミュニケーションをとっておく必要があります。女性中心の職場で人間関係が難しいので、そのバランスをどううまくとるかということも重要な能力といえます。

 

もし人間関係のトラブルが起きてしまうと、連携がうまくいかなくなってしまう恐れがあります。そうなると看護業務に差支えてしまって、ほかの医療スタッフや患者に迷惑をかけてしまうことも考えられます。そのようなことが起こらないようにするためには、管理職の手腕が問われるわけです。

 

管理職看護師の求人傾向

管理職の求人は果たして多く募集されているのかと考える人も多いはずです。通常であれば、管理職はその病院で仕事をしている人を引き上げる方式をとっていると考えられるからです。しかし病院の求人を見てみると、管理職をしてくれる看護師を外部から登用するということはまま行われています。このため、管理職の看護師求人というのは決して数は少なくないのです。

 

管理職看護師の募集を見てみると、通常と比較して給料も高めに設定されている傾向が見られます。管理職手当などがつくので、給料がアップする可能性も十分にあります。もし自分には十分なキャリアや経験があると思っているのであれば、応募してみるのもいいでしょう。

 

管理職の経験のある、即戦力になる看護師に限定して求人募集を出している案件ももちろんあります。例えば、保健室看護師のような人気の求人は即戦力になるベテラン看護師の方が有利です。

 

しかし一方で、管理職の経験のない人でも十分なキャリアがあれば積極的に採用している求人もあります。もし自分の働いている職場では管理職へのステップアップが望めそうにないのであれば、管理職への転職も検討すべきです。